松尾繁樹公認会計士事務所 ホーム > 新着情報・コラム > 税金の滞納は資金繰り悪化に直結する

税金の滞納は資金繰り悪化に直結する

税金を滞納することにより融資を受けられなくなると、上手く資金繰りできなくなる可能性が高くなります。安定した経営を続けていくためにも期限内に税金を納めることが大切です。
節税したいという税務相談は、よくよく話を伺えば、利益が出ているのに手元に資金が残らないことに納得が出来ないという趣旨であり、達成すべきは利益を削減する節税ではなく、円滑な資金繰りのための仕組み作りです。

税金の支払いが困難となる訳

支払いのタイミング

法人税の支払いが困難となる大きな理由は、支払いのタイミングです。現在のビジネスでは、現金のみで取引を終えるケースは非常に稀で、掛取引によって決済が行われることが一般的です。そのため、会計帳簿上では利益があったとしても現金化されていないため、税金の支払いに充てることが難しくなります。
法人税は、会社の利益の30%程度を収めなければいけませんが、売掛金が現金化されていれば税金の支払いは可能なはずです。しかし、税金の支払いと売掛金の現金化のタイミングがずれてしまうと、たとえ利益が計上されていたとしても、税金を支払えなくなる可能性があることを理解しておく必要があります。

計画性のない資金運用

消費税は会社が納税しますが、実際には消費者が負担している税金です。会社が一旦預かり、支払い期日にまとめて納税するならば理論的には支払えますが、この納税が難しくなる場合には、預かっている税金も事業資金に充ててしまっている可能性が高く、あまり良い状況とは言えません。打開策を見つけ、計画的な資金運用を行いましょう。そのためには、専門家の財務コンサルティングが有効です。当事務所では資金繰り円滑化サービスにてご提供しています。

利益を生み出すことが大切

会社を経営する上で消費税や法人税などの税金負担は避けられません。安定した経営を続けていくためには、税金に対する意識改革を行い、納税に心を乱されることなく利益を生み出すことに注力する必要があります。
もちろん節税対策や補助金制度も活用出来ますが、利益がなければ会社は存続できません。利益が増えるほど税額が大きくなるのは確かですが、それに怯えて利益を最小限に抑えようとしては会社の成長に繋がりません。
納税のための借入れをしても、利益が出ていれば返済は可能です。会社の発展を第一に考えて、利益を生み出す計画的な資金繰りを行いましょう。

横浜市で資金繰り相談をお考えでしたら、横浜市旭区に所在する当事務所にお任せください。法人に関する税務申告調査立会の他、財務顧問として、資金繰り円滑化サービス銀行融資プランニングも承っています。ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【起業家に送る10の財務アドバイス】

「財務」の重要性を知って起業する方はほぼいらっしゃいません。
財務の知識は間違いなくあなたの事業の成功確率を高めます。
・税金滞納は資金繰り悪化に直結
・中小企業社長の役割
・会社設立時のカギを握る財務戦略
・資金調達に詳しい税理士の必要性
・事業計画書に説得力を持たせる
・管理コストを抑えるためには?
・創業を控えた方へ。社長の心得
・分水嶺は設立直後の財務戦略
・金利変動メカニズムと交渉可否
・創業融資は銀行との信頼関係から