松尾繁樹公認会計士事務所 ホーム > 新着情報・コラム > 事業計画書に説得力を持たせる

事業計画書に説得力を持たせる

創業融資を受けるにあたり、自己資金やキャリアと同様に重要視されるのが「事業計画書」です。金融機関から希望する額の融資を受けるには、説得力のある事業計画書の作成が欠かせません。

数値で表した利益計画がある

事業計画書に説得力を持たせるには、会社の未来の姿を数値で表した利益計画書が重要です。創業融資を行う金融機関が重要視するのは、「この会社にお金を貸して利益を出せるか」という点です。そのため、まずは返済が可能である根拠を盛り込みましょう。利益計画書を作成し、償却前利益が融資の約定返済額を上回ることを数字で表します。
次に、この利益計画が空論ではないことを説明するためのストーリーを構築します。利益計画は結果でしかありませんので、今後は利益がこれだけ伸びるという根拠や、経費をこれだけ削減出来る根拠といった補足説明が必要です。

明確な具体論がある

事業の実現に向けての攻め方が不明瞭では、説得力を持たせることは難しくなります。
事業計画書には、自社の強みや弱みなど内部環境の分析、チャンスや脅威など外部環境の分析、それらを踏まえた上でどのような事業を行うかという内容を、具体的な例を盛り込なくてはいけません。
具体例とは、利益を出すためにアプローチするターゲット、提供するサービスや商品、利益を出せる根拠、事業計画の独自性のことで、それぞれ説得力のある説明をする必要があります。
また、事業の拡張性や最終的なゴールに到達することを述べるよりも、目先の小さな目標に到達することを強調して述べるほうが説得力は高まります。

当事務所では、「一般社団法人銀行融資プランナー協会認定 正社員事務所」として、積極的な資金調達のご提案、経営者様だけでは困難な融資の実現をサポートしており、これまでにも多くの実績がございます。
起業したいが資金調達で苦戦している、専門家の意見を聞いて説得力のある事業計画書を作成したいという方は、横浜市にある当税理士事務所へご相談ください。会社設立に必要な手続きの代理から創業融資までしっかり支援致しますので、安心してお任せください。

【起業家に送る10の財務アドバイス】

「財務」の重要性を知って起業する方はほぼいらっしゃいません。
財務の知識は間違いなくあなたの事業の成功確率を高めます。
・税金滞納は資金繰り悪化に直結
・中小企業社長の役割
・会社設立時のカギを握る財務戦略
・資金調達に詳しい税理士の必要性
・事業計画書に説得力を持たせる
・管理コストを抑えるためには?
・創業を控えた方へ。社長の心得
・分水嶺は設立直後の財務戦略
・金利変動メカニズムと交渉可否
・創業融資は銀行との信頼関係から