資金繰り円滑化サービスfinancial consulting

資金繰りの悩みから解放され、社長にしか出来ない事業に専念いただく環境を整えること。
これが中小企業において求められる財務の役割です。

しかし実際には財務機能を持つ中小事業者は皆無に等しいと言ってよいでしょう。数多くの社長が資金繰りに悩み、銀行の対応に神経をすり減らしながら、毎日の業務をこなしていらっしゃいます。仕入先や社員の給料の支払が出来ないのではないか…という資金繰りの不安は、経営者にとって最も辛いものです。

財務“戦略”とは何か?

では、この財務機能を有するために具体的に取り組まなければならないことは何でしょうか?
1.資金繰り表の作成
資金繰りは通帳を睨みながら頭の中で…という方がほとんどですが、精度に限界がありますから必ず資金繰り表を作成しましょう。実績と予測を並べた表が良いでしょう。金融機関とのコミュニケーションツールとしての利用を考えた場合にも紙面で印刷できることが絶対です。

2.中小企業融資に関する正しい知識の獲得
赤字だと借りられない等、経営者の方は様々な情報を入手してこられますが、全て正解でもあり不正解でもあるような曖昧な情報ばかりです。金融機関はどのような時に融資し、どのような時に融資しないのか。これを見極める目が必要です。金融機関ごとの特性や融資の種類、中小企業融資とは切っても切れない関係の保証協会の保証制度についても一通りの知識があると良いでしょう。


3.会計数値に基づいた業績報告
1.2.をクリアしたうえで、お付き合いをする金融機関と良好な関係を気付くためのコミュニケーションを継続的に続けていく必要があります。そのためには金融機関の土俵にのって話をすること=会計数値に基づいた正確な業績報告をします。

これらを踏まえたうえで、
長期継続的な方針を決定し、確実な取組をしていく=戦略化が求められます。

資金繰り円滑化サービスについて

サービスの概要

貴社の財務経理部長として、会社の資金繰りを可視化、運転資金の削減や資金調達のご提案を行い、資金繰りの不安を解消します。

中小企業の資金繰り実務は大企業のものとは全く違います。銀行の審査制度が根本的に異なるためです。当事務所は中小企業の金融実務に精通した銀行融資プランナー協会正会員事務所として、常に貴社の資金状況を監視しながら、積極的な資金調達のご提案をいたします。銀行対応も安心してお任せ下さい。

サービスの流れ

年1回 経営分析シートの作成 年間の資金繰り計画を策定します。目標とする資金残高、目標利益を達成するための売上、原価率、固定費の計画を定め、社長の経営方針とすり合わせます。
年3回 資金繰り作戦会議 資金繰り表の予定と実績の確認に応じて、売上、原価率、固定費の目標値を修正、対策を講じます。
毎月又は年3回 資金繰り表の予定と実績の確認、更新 毎月又は年3回のペースで、資金繰りの予定と実績の比較を行います。
随時 理想的な資金調達のご提案と銀行への説明 効果的な資金調達には銀行の原理原則を理解した対応が必要です。

導入の効果

脱トンブリ勘定! 会社のお金の流れをすべて「見える化」します。商品の値下げ、雇用や設備投資といった経営判断を全て資金繰り予測表に反映。影響が一目でわかります。
社長の手間を大幅に削減! 金融機関対応は苦手、時間もかかって面倒…といった手間を全てお引き受けします。
専門家に任せる安心感! 中小企業融資の専門家、銀行融資プランナーが対応します。
金融機関からの信頼度アップ! 資金の流れを明確にすることは直ちに金融機関からの信頼に繋がります。
単位:千円
前年 今年
売上高 100,000 100,000
変動費率 60% 57%
変動費 60,000 57,000
固定費 40,000 41,000
税前利益 0 2,000
Ex) 交際費等3000、社長借入1000 計4000を改善予算とする
資金が会社の血液であるとすれば、
財務戦略は、資金の出入りをコントロールする会社の心臓です。

資金繰りに生涯困らない、健康体の会社を目指しませんか?

会社の資金についてご心配のある方は、是非下記のフォームよりお問い合わせください。
お気軽に
どうぞ!
松尾繁樹公認会計士・税理士事務所
横浜市旭区本村町101-11和田ビル2F
TEL: 045-363-5105
営業時間: 9:00~18:00(月~金)
▶ お問い合わせフォームはこちら