松尾繁樹公認会計士事務所 ホーム > よくあるご質問 > 会社設立

よくあるご質問:会社設立Q & A

会社設立


Q:個人事業と会社の違いは何ですか?どちらが得ですか?
A:一番の違いは信用です。税務メリットとしては売上1000万程度を境に法人化を検討すれば良いですが、今後の事業展開を見越し、当初から法人を設立する方も多くいらっしゃいます。
Q:設立にあたりいくらかかりますか?
A:税金等のみで20万円強かかります。その他に専門家報酬がかかるのが通常ですが、当事務所では20万円のみでの会社設立お引き受けという特別オファーをしています。
Q:電子定款に対応していますか?
A:対応しています。これにより会社設立のコストを抑えることが出来ます。
Q:会社設立までのスケジュールはどのようになりますか?
A:まず定款と言う会社運営のルールブックを作成します。こちらを作成するためのヒアリングシートに記入いただきます。これをもとに当事務所で定款案を作成し、その他必要書類とあわせてご捺印、返送いただきます。定款案について公証人の認証を受けた後、登記申請をします。申請後1週間ほどで全部履歴事項証明書(謄本)が入手できます。書類のやり取り等がスムーズに行えれば2週間ほどで会社設立は完了します。